2級FP過去問解説(資産設計)2017年5月【問39】学生納付特例

【第10問】下記の(問34)~(問40)について解答しなさい。


<設例>
物品販売業(福岡商店)を営む自営業者の福岡啓二さん(青色申告者)は、この度、今後の生活のことや事業のことなどに関して、FPで税理士でもある桑原さんに相談をした。なお、下記のデータは平成29年4月1日現在のものである。
I.家族構成(同居家族)

注1:直美さんは株式会社QZ商事に勤務している。

Ⅱ.福岡家の親族関係図

注2:啓二さんの妻の博子さんは、平成29年1月20日に交通事故で死亡している。なお、博子さんは死亡時まで青色事業専従者として福岡商店に勤務していた。

Ⅲ.福岡家(啓二さん)の財産の状況
[資料1:保有資産(時価)]      (単位:万円)

注3:啓二さんが相続した博子さんの遺産は、啓二さんの保有資産に含まれている。
注4:上記以外の事業用資産については考慮しないこと。

[資料2:負債残高]
事業用借入(証書貸付):[資料4]を参照(債務者は啓二さん)
自動車ローン:120万円(債務者は啓二さん)
未払金:100万円(博子さんの相続に係る諸費用等であり、啓二さんが負担する)

[資料3:生命保険]      (単位:万円)

注5:解約返戻金相当額は、現時点(平成29年4月1日)で解約した場合の金額である。
注6:すべての契約において、保険契約者が保険料を全額負担している。
注7:契約者配当および契約者貸付については考慮しないこと。

[資料4:福岡商店の財務データ(平成28年分の青色申告決算書から抜粋)]

注8:青色事業専従者給与は、博子さんに対して支給したものである。
注9:平成28年中の借入金の元本返済額は300万円である。

Ⅳ.その他
上記以外の情報については、各設問において特に指示のない限り一切考慮しないこと。また、復興特別所得税については考慮しないこと。


問39

啓二さんの二女の愛子さんは、国民年金保険料の学生納付特例を申請して認められている。そこで啓二さんは、愛子さんが国民年金の給付を受ける際に学生納付特例期間はどのように取り扱われるのか等について、FPの桑原さんに質問をした。桑原さんが学生納付特例期間と年金給付(国民年金)等との関係について説明する際に使用した下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、学生納付特例期間および全額免除期間についての年金額への反映に関する記述は、追納されていない場合におけるものとする。

  1. (ア)算入される  (イ)反映される(減額支給) (ウ)2年間
  2. (ア)算入されない (イ)反映される(減額支給) (ウ)10年間
  3. (ア)算入される  (イ)反映されない (ウ)10年間
  4. (ア)算入されない (イ)反映されない (ウ)2年間

[正解]  (適切)

[解説]

全額免除期間と並んでいるため複雑に見えるが、未納や特例、免除ともに追納しなければ年金額に反映されない。全額免除は文字通り全額を免除されているため、年金額に反映される(そもそも追納の必要がない)。保険料を何もせず支払わない未納ではなく、特例や免除制度を利用していれば10年以内の追納が可能である。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...