2級FP過去問解説(資産設計)2017年9月【問2】著作権法

問2

ファイナンシャル・プランナーには執筆や講演などの業務があり、著作権についての理解が必要である。著作権法に基づく著作権の保護に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 公表された他人の著作物を自分の著作物に引用する場合、内容的に引用部分が「主」で自ら作成する部分が「従」でなければならない。
  2. 20名のファイナンシャル・プランナーが集まる勉強会において、他人の著作物をコピーして教材に使用することは私的使用目的に当たり、著作権者の許諾は必要ない。
  3. 官公庁の通達を自分の著作物に引用する場合、官公庁の許諾が必要である。
  4. 新聞記事をコピーし、生活者向け講演会の資料として配布する場合、当該新聞社の許諾が必要である。

[正解]  (適切)

[解説]

著作権の基本的な内容は、FPの活動でも重要であるため、知っておかなければならない。ただ試験では頻出分野ではないため、余裕がない人以外、この問題の内容を理解するだけで十分である。
雑誌や新聞のコピーなど必要な状況が生まれるが、一般的に「私的使用のための複製」や「引用」、「学校などの教育機関での利用」
など著作権法で定められている範囲を超えて使用する場合は著作権者の許可が必要となる。営利目的の学校は除れ、官公庁の通達など公的機関が発行する著作物に関しては許諾は不要である(ただ、公的機関の著作物でも著作権を放棄しているわけではなく、内容によっては禁止される可能性もあり、確認が必要である)。
選択肢1は難しく感じるかもしれないが、引用された部分が大半(主)であると引用とは呼べなくなる。そのため、自分の著作物は「主」、引用した著作物は「従」となる。


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...