2級FP過去問解説(資産設計)2017年9月【問32】労災保険

問32

康介さんは、労働者災害補償保険(以下「労災保険」という)の保険給付について、FPの川久保さんに質問をした。労災保険の療養(補償)給付に関する次の(ア)~(ウ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。なお、給付の要件はすべて満たしているものとする。

  1. (ア)療養補償給付は、「療養の給付」を原則としており、この「療養の給付」を受ける被災労働者は、その費用の1割を負担する。
  2. (イ)療養補償給付として受ける「療養の給付」は、労災病院や労災指定医療機関および指定薬局等において行われる。
  3. (ウ)康介さんが通勤途上の災害によるケガのために療養を必要とする場合についても、原則として、労災保険から保険給付が行われる。


[正解] 
(ア) × (イ)  (ウ) 

  1. (ア)療養補償給付は、「療養の給付」を原則としており、この「療養の給付」を受ける被災労働者は、その費用の1割を負担する
  2. [解説]
    労災は、健康保険と異なり、窓口負担のない現物給付である。

  3. (イ)療養補償給付として受ける「療養の給付」は、労災病院や労災指定医療機関および指定薬局等において行われる
  4. [解説]
    特定の病院で治療を受ければ、窓口負担なく治療を受けることができる。労災病院以外で受けた場合は、費用を払う必要があるが、あとで請求をすれば現金で支給される。

  5. (ウ)康介さんが通勤途上の災害によるケガのために療養を必要とする場合についても、原則として、労災保険から保険給付が行われる。
  6. [解説]
    通勤は最短経路である必要はあるが、通勤途上でも補償の対象となる。

[要点のまとめ]

<労災保険>
1.労災保険の請求
労働者が労働災害により負傷した場合、労災保険給付の請求を労働基準監督署長あて行う。
2.労災保険における通勤の意味
合理的な経路、最短経路であれば通勤途中の災害も補償の対象となる。次の点に注意すること。
(1) 通勤途中で、飲み会等などによる寄り道(逸脱)の場合、通常の経路に戻ったとしても通勤扱いにならない
(2) 通勤途中で、病院での治療や買い物など日常的な行動の場合、通常の経路に戻れば、戻ったところから通勤扱いとなる。
(1) 療養補償給付
・療養した医療機関が労災保険指定医療機関の場合には、療養費を支払う必要はない。
・療養した医療機関が労災保険指定医療機関でない場合には、療養費を立て替えて支払い、後日「療養補償給付たる療養の費用請求書」を労働基準監督署長に提出すると、その費用が支払われる。
(2) 休業補償給付
労働災害により休業した場合には、4日目から休業補償給付が支給される。なお、休業4日未満の労働災害については、使用者が労働者に対し、休業補償を行わなければならない。

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...