2級FP過去問解説(資産設計)2018年1月【問4】債券資料の読み取り

問4

下記<資料>に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. この債券は、NISA(少額投資非課税制度)口座で購入することができる。
  2. この債券は、投機的格付けに分類される。
  3. この債券の購入に際しては、売出期間中に為替レートが日々変動するため、申込日によって円での払込金額が異なる
  4. この債券の利子を円で受け取る場合、為替変動の影響を受けることなく、円換算した額面に対して年2.20%(税引前)の利率に基づいて、利子を受け取ることができる。


[正解]  (適切)

  1. この債券は、NISA(少額投資非課税制度)口座で購入することができる。
  2. [解説]
    NISAは、国内外の上場株式、株式投資信託、ETF、REITが対象で、国債や社債は対象外である。

  3. この債券は、投機的格付けに分類される。
  4. [解説]
    S&P社の格付けはBBB以上で投資適格債となるため、BB以下が投機的債券となる。

  5. この債券の購入に際しては、売出期間中に為替レートが日々変動するため、申込日によって円での払込金額が異なる
  6. [解説]
    外国債券で、為替レートは日々変動するため、申込日によって払込金額は異なる。

  7. この債券の利子を円で受け取る場合、為替変動の影響を受けることなく、円換算した額面に対して年2.20%(税引前)の利率に基づいて、利子を受け取ることができる。
  8. [解説]
    利率は豪ドル建てで計算し、支払金額が確定した後に円に換算することになる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...