2級FP過去問解説(資産設計)2018年1月【問7】不動産広告

問7

下記<資料>は、香川さんが購入を検討している中古マンションのインターネット上の広告(抜粋)である。この広告の内容等に関する次の(ア)~(エ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。

  1. (ア)この広告の物件の専有面積は壁芯面積で記載されているが、これは登記簿上の内法面積より大きい。
  2. (イ)この広告の物件を購入する場合、現在の区分所有者が管理費を滞納していると、新たな区分所有者となる香川さんにも、滞納分の管理費の支払い義務が生じる。
  3. (ウ)この広告の物件を購入する場合、通常、宅地建物取引業者に媒介業務に係る報酬(仲介手数料)を支払う。
  4. (エ)この広告の物件を購入した場合、管理組合の構成員になるかどうか任意で選択することができる。


[正解]
(ア)  (イ)  (ウ)  (エ) ×

  1. (ア)この広告の物件の専有面積は壁芯面積で記載されているが、これは登記簿上の内法面積より大きい。
  2. [解説]
    マンションの広告では壁芯面積(壁の中心を囲む面積)で記載され、登記簿は内法面積(壁の内側を囲む面積)で記載されるため、内法面積の方が小さい。

  3. (イ)この広告の物件を購入する場合、現在の区分所有者が管理費を滞納していると、新たな区分所有者となる香川さんにも、滞納分の管理費の支払い義務が生じる。
  4. [解説]
    滞納している管理費を支払う義務も香川さんに移るので、香川さんが管理費を支払う必要がある。区分所有法8条に規定されているが、所有者が滞納している場合、重要事項説明書に記載され、購入代金から差し引くなどの方法が取られる。

  5. (ウ)この広告の物件を購入する場合、通常、宅地建物取引業者に媒介業務に係る報酬(仲介手数料)を支払う。
  6. [解説]
    取引形態に「媒介」(仲介)とあるため、この宅建業者は売主と買主から仲介手数料を受け取る。

  7. (エ)この広告の物件を購入した場合、管理組合の構成員になるかどうか任意で選択することができる。
  8. [解説]
    管理組合の構成員になるかどうかを任意に決定することはできず、任意に脱退することもできない。


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...