2級FP過去問解説(資産設計)2018年1月【問12】生命保険の種類

問12

野村さんは、生命保険の解約返戻金について、FPの柴田さんに質問をした。柴田さんが生命保険の解約返戻金相当額について説明する際に使用した下記のイメージ図のうち、一般的な定期保険の解約返戻金相当額の推移に係る図として、最も適切なものはどれか。



[正解]  (適切)

[解説]

1は養老保険、2は終身保険、3は定期保険、4は個人年金保険である。
定期保険は解約返戻金がないか、あってもごくわずかであること、保険期間は終身ではなく契約で期間が決められていること、満期保険金のない掛捨型などの特徴を踏まえて選ぶ。

[要点のまとめ]

<生命保険の種類と特徴>
1.(低解約返戻金型)終身保険
(1) 解約しない限り一生に渡り保障
(2) 解約返戻金が貯まる貯蓄型
(3) 一般的に保険料払込終了後は既払保険料総額より解約返戻金額が多くなる。
  低解約返戻金型は、保険料払込終了前までの解約返戻金が一般の終身保険より少ない。
2.定期保険
(1) 終身保険と同様、死亡保障である。
(2) 一定期間だけ保障があり、満期保険金がない掛捨型である。
(3) 解約返戻金はあってもごくわずか。
※長期平準定期保険や逓増定期保険はある時点だけ解約返戻金額が増えため、役員の退職金準備などに使われる。
3.養老保険
(1) 死亡保障のある貯蓄型の保険である。
(2) 定期保険と同様、一定期間だけ保障がある。
(3) 死亡保険金を受け取らず満期を迎えると満期保険金が受け取れる
4.個人年金保険
(1) 一定年齢に到達後、毎年一定額受け取れる保険である。
(2) 年金受け取り前に死亡した場合、既払保険料が死亡保険金として支払われる。
(3) 基本的に年金受け取り前に解約すると解約返戻金は既払保険料より少なくなる


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...