2級FP過去問解説(資産設計)2018年1月【問19】贈与税額

問19

大津一郎さん(40歳)は、父(70歳)と叔父(65歳)から下記<資料>の贈与を受けた。一郎さんの平成29年分の贈与税額として、正しいものはどれか。なお、父からの贈与については、平成28年から相続時精算課税制度の適用を受けている(適用要件は満たしている)。

<資料>

[平成29年中の贈与]
 ・父から贈与を受けた金銭の額:1,800万円
 ・叔父から贈与を受けた金銭の額:500万円
[平成28年中の贈与]
 ・父から贈与を受けた金銭の額:1,000万円
※平成28年中および平成29年中に上記以外の贈与はないものとする。
※上記の贈与は、住宅取得等資金や結婚・子育てに係る資金の贈与ではない。

  1. 910,000円
  2. 1,085,000円
  3. 1,130,000円
  4. 1,450,000円


[正解] (適切)

[解説]

贈与税額を求めるが、父からの贈与については相続時精算課税制度を適用させるため、2,500万円までは相続時に課税され、超えた部分は一律20%の贈与税が課税される。
また、叔父からの贈与は(ロ)の速算表を用いる。
・父からの贈与
 平成28年 1,000万円-1,000万円=0円 ※残り1,500万円
 平成29年 1,800万円-1,500万円=300万円
 300万円×20%=60万円
・叔父からの贈与
 平成29年 500万円-110万円=390万円
 390万円✕20%-25万円=53万円
よって、113万円


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...