2級FP過去問解説(資産設計)2018年1月【問30】地震保険

【第9問】下記の(問27)~(問34)について解答しなさい。


<設例>
宮野清治さんは、民間企業に勤務する会社員である。清治さんと妻の真樹子さんは、今後の資産形成や家計の見直しなどについて、FPで税理士でもある阿久津さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれも平成30年1月1日現在のものである。

[収入金額(平成29年)]
・清治さん:給与収入650万円。給与収入以外の収入はない。
・真樹子さん:給与収入100万円。給与収入以外の収入はない。
[金融資産(時価)]
・清治さん名義
 銀行預金(普通預金):250万円
 銀行預金(定期預金):150万円
・真樹子さん名義
 銀行預金(普通預金):50万円
 個人向け国債(変動10年):20万円
[住宅ローン]
契約者:清治さん
借入先:MX銀行
借入時期:平成20年7月
借入金額:3,200万円
返済方法:元利均等返済(ボーナス返済なし)
金利:変動金利型
返済期間:30年間
[保険]
・定期保険A:保険金額2,500万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は清治さんである。
・ガン保険B:入院給付金日額5,000円。ガン診断給付金(一時金)50万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は真樹子さんである。
・火災保険C:保険金額1,500万円。保険の対象は建物、保険契約者は清治さんである。保険期間5年(保険料一括払い)。


問30

清治さんは、相次ぐ地震の報道を受けて地震保険に関心をもち、FPの阿久津さんに地震保険について質問をした。地震保険に関する阿久津さんの次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 「清治さんが自宅建物を保険の対象として火災保険Cに地震保険を付帯する場合、保険金額は500万円から750万円の範囲内になります。」
  2. 「清治さんが火災保険Cを保険期間5年で更新する際に地震保険を付帯する場合、地震保険の保険期間は1年または5年とすることができます。」
  3. 「地震保険料は地震保険料控除の対象となり、所得税については5万円を限度として地震保険料の全額が控除対象額になります。」
  4. 「地震保険では、1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・書画・骨とう品などは補償の対象外となっています。」



[正解]  (不適切)

  1. 「清治さんが自宅建物を保険の対象として火災保険Cに地震保険を付帯する場合、保険金額は500万円から750万円の範囲内になります。」
  2. [解説]
    地震保険は、火災保険の30%~50%の範囲内で加入する。火災保険Cの保険金額は1,500万円なので、450万円~750万円の範囲となる。

  3. 「清治さんが火災保険Cを保険期間5年で更新する際に地震保険を付帯する場合、地震保険の保険期間は1年または5年とすることができます。」
  4. [解説]
    火災保険が5年以下の一括払いの場合、地震保険は1年自動更新か火災保険と同じ期間(今回は5年)の一括払いとなる。

  5. 「地震保険料は地震保険料控除の対象となり、所得税については5万円を限度として地震保険料の全額が控除対象額になります。」
  6. [解説]
    地震保険料控除は支払った全額が控除対象になるが、上限は5万円である。

  7. 「地震保険では、1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・書画・骨とう品などは補償の対象外となっています。」
  8. [解説]
    火災保険では明記物件としているが、地震保険では対象外である。

[要点のまとめ]

<地震保険>
1.火災保険の特約として加入する。
2.保険金額は火災保険の30%~50%の範囲内で設定
3.建物5,000万円、家財1,000万円が上限
4.1個または1組の価格が30万円を超える貴金属や宝石などは補償の対象外である。
5.保険期間は原則1年だが、火災保険が5年超の場合、地震保険において1年毎の自動更新か5年ごとの自動更新か選ぶことができる。


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...