2級FP過去問解説(資産設計)2018年5月【問4】債券の利回り計算

問4

下記<資料>の債券を取得日から3年後に売却した場合における所有期間利回り(単利・年率)を計算しなさい。なお、手数料や税金等については考慮しないものとし、計算結果については小数点以下第4位を切り捨てること。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと(解答用紙に記載されているマス目に数値を記入すること)。

<資料>

表面利率:年1.2%
額面:100万円
購入価格:額面100円につき100.00円
売却価格:額面100円につき101.00円
所有期間:3年


[正解] 1.533 (%)

[解説]

所有期間利回りの計算式を思い出して、計算するだけ。とは言っても、計算式を思い出せるか、計算式に正しく数値を当てはめられるか、計算ミスをしないかポイントも多い。
{1.2+(101-100)/3}÷100×100=1.533%
なお、電卓を使用する前に小数の切り捨てが「F」になっていることを必ず確認しよう。

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...