2級FP過去問解説(資産設計)2018年5月【問5】株式取引

問5

細川さんと宇野さんは、下記<資料>のとおり、PT株式会社の株式(以下「PT株式」という)を2017年11月から2018年3月において毎月15日に購入した。細川さんと宇野さんのPT株式の取引に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、このほかにPT株式の取引はないものとし、手数料および税金は考慮しないものとする。また、購入株数は正しいものとする。

  1. 細川さんの平均購入単価は、宇野さんの平均購入単価よりも低くなっている。
  2. 細川さんは、保有株式数が100株以上になるまで売却できない。
  3. 宇野さんは、2018年に開催される定時株主総会の議決権を持たない。
  4. 宇野さんは、2018年3月期の期末株主配当金として、1,000円(税引前)を受け取ることができる。

[正解]  (不適切)

  1. 細川さんの平均購入単価は、宇野さんの平均購入単価よりも低くなっている。
  2. [解説]
    株式累積投資(るいとう)は、ドルコスト平均法の効果を期待できるが、平均単価が低くなるタイミングはわからない。そのため、計算して確認する必要がある。
    ・総購入金額÷総株式数=平均単価
    上記の式で平均単価が求まるため、「総購入金額」と「総株式数」を計算すればよい。
    ・細川さん
     総購入金額 10,000円×5=50,000 円
     総購入株式数 1.8+2+1.9+2.2+2.2=10.1
     50.000÷10.1=4,950円
    ・宇野さん
     総購入金額 11,260+9,760+10,300+9,160+9,300=49,780円
     総購入株式数 2×5=10
     49,780÷10=4,978円
    よって、遅川さんの平均購入単価の方が低い。

  3. 細川さんは、保有株式数が100株以上になるまで売却できない。
  4. [解説]
    100株は、PT株式の単元だが、るいとうの場合、単元未満でも売約することができる。

  5. 宇野さんは、2018年に開催される定時株主総会の議決権を持たない。
  6. [解説]
    単元未満株は、ミニ株と同様、単元株未満で購入できる制度だが、1株から購入できるため、ミニ株より少額で購入できる。配当金は持ち株数割合に応じて受け取れるが、議決権は100株になるまで行使できない。

  7. 宇野さんは、2018年3月期の期末株主配当金として、1,000円(税引前)を受け取ることができる。
  8. [解説]
    PT株式の配当金は、1株当たり100円なので、
    100円×10株=1,000円
    を受け取ることができる。

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...