2級FP過去問解説(資産設計)2018年5月【問8】手付金

問8

手付金に関する次の記述の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

民法上、手付金は( ア )と解釈され、相手方が契約の履行に着手するまでは、買主は手付金を放棄することにより、売主は( イ )を償還することにより、契約を解除することができる。なお、履行の着手とは、売主としては登記や引渡し、買主としては( ウ )をいう。また、宅地建物取引業者が自ら売主となり、宅地建物取引業者ではない者が買主である場合、手付金は売買代金の( エ )を超えてはならない。

  1. (ア)証約手付 (イ)手付金の倍額 (ウ)代金提供のための借入れ申込み (エ)2割
  2. (ア)証約手付 (イ)手付金    (ウ)代金の提供          (エ)1割
  3. (ア)解約手付 (イ)手付金の倍額 (ウ)代金の提供          (エ)2割
  4. (ア)解約手付 (イ)手付金    (ウ)代金提供のための借入れ申込み (エ)1割

[正解]  (適切)

[解説]

不動産取引の手付金の取り扱いについての問題である。
手付金には、証約手付、解約手付、違約手付があるが、不動産の取引では解約手付と解釈されるのが一般的である。相手方が契約の履行に着手するまでは、買主は手付金の放棄、売主は手付金の倍額を支払うことで契約を解除することができる。手付金は売買代金の2割(20%)が限度である。また履行の着手とは、相手が行動に移すことで、売主であれば登記をすること、建築を開始すること、買主であれば代金を支払うことなどが該当する。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...