2級FP過去問解説(資産設計)2018年5月【問9】登記事項証明書

問9

下記<資料>は柴田さんが購入を検討している物件の登記事項証明書の一部である。この登記事項証明書に関する次の(ア)~(エ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。


[正解]
(ア) × (イ)  (ウ)  (エ) ×

  1. (ア)所有権保存など所有権に関する事項が記載されている欄(A)は、権利部の乙区である。
  2. [解説]
    所有権は権利部の甲区に記載されている。乙区には所有権以外の抵当権などが記載されている。

  3. (イ)権利部(A)には、所有権の移転登記のほか、差押え等が記載される。
  4. [解説]
    甲区には差し押さえ等も記載されている。差し押さえは、競売するためにあらかじめ財産の売却などを禁止することで、所有権に関わることなので、甲区に記載される。

  5. (ウ)上記<資料>を確認する限り、本物件には現在、抵当権の設定はないことがわかる。
  6. [解説]
    「権利部(×××)」が乙区(所有権以外の権利)で、「順位番号2」に「1番抵当権抹消」、「原因 平成24年5月11日弁済」とあることから抵当権は外れたことがわかる。

  7. (エ)本物件の登記事項証明書は、現在の所有者である山岸健さんでなければ、交付の請求をすることができない。
  8. [解説]
    登記事項証明書は誰でも請求することができる。

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...