2級FP過去問解説(資産設計)2018年5月【問15】総所得金額

問15

広尾さん(68歳)の2017年分の収入等が下記のとおりである場合、広尾さんの2017年分の所得税における総所得金額として、正しいものはどれか。なお、記載のない事項については一切考慮しないこととし、総所得金額が最も少なくなるように計算すること。

  1. 50万円
  2. 60万円
  3. 134万円
  4. 144万円

[正解]  (適切)

[解説]

まず、10の所得のうち、どの所得に該当するか考える。
老齢基礎年金は雑所得、遺族厚生年金は非課税、駐車場収入は不動産所得である。
※事業所得として計算してしまっても金額は同じになるが、事業所得であれば事業の規模に関わらず65万円の控除が適用でき、不動産所得は事業的規模(5棟10室基準)でなければ65万円控除は受けられず10万円となることからも、この設問の駐車場収入は不動産所得となることがわかる。なお、保管管理をする駐車場からの収入は事業所得となる。
次に雑所得と不動産所得を求める。
・雑所得
 330万円未満で控除額が120万円であるため、雑所得は0円
・不動産所得
 80万円―20万円―10万円=50万円
よって、総所得金額は50万円となる。


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...