2級FP過去問解説(資産設計)2018年5月【問16】退職所得

問16

会社員の住吉さんは、2018年7月に勤務先を定年退職する予定である。住吉さんの退職に係るデータが下記<資料>のとおりである場合、住吉さんの退職一時金に係る退職所得の金額として、正しいものはどれか。

<資料>

・ 勤続年数:32年3ヵ月
・ 支給される退職一時金:2,500万円
※住吉さんは、勤務先の役員であったことはない。
※退職は障害者になったことに基因するものではない。
※「退職所得の受給に関する申告書」は適正に提出するものとする。

  1. 395万円
  2. 430万円
  3. 790万円
  4. 860万円

[正解]  (適切)

[解説]

・勤続年数を求める
 1年未満は切り上げるので、33年
・退職所得控除を求める
 20年以上なので、800万円+70万円×(勤続年数―20年)で求める。
 800万円+70万円×(33年―20年)=1,710万円
・退職所得を求める
 (2,500万円―1,710万円)×1/2=395万円


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました