2級FP過去問解説(資産設計)2018年5月【問18】医療費控除

問18

会社員の榊原さんが2017年中に支払った医療費等が下記<資料>のとおりである場合、榊原さんの2017年分の所得税の確定申告における医療費控除の金額として、正しいものはどれか。なお、榊原さんの2017年中の所得は、給与所得650万円のみであるものとし、榊原さんは妻および小学生の長男と生計を一にしている。また、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)については考慮せず、保険金および自治体の助成金等により補てんされる金額はないものとする。

  1. 282,200円
  2. 279,000円
  3. 158,200円
  4. 155,000円

[正解]  (適切)

[解説]

医療費控除は、「保険金の額」と「医療費から10万円か総所得金額等の合計額×5%のいずれか低い方」を医療費の額から差し引く。この場合の医療費は支払金額(10割負担の総医療費ではない)となる。
次に、医療費に該当するかどうかを判断する。
2017年3月 美容のためなので、対象外
2017年5月 健康診断だが重大な疾病が発見され、入院治療を行っているため対象
2017年6月 治療費なので対象
2017年9月 「歩行が困難」とあるため、バスや電車が使えなかったと判断しタクシー代3,200円は対象だが、駐車場代4,000円は対象外
よって、15,000円+190,000円+53,200円=258,200円が医療費控除の対象となる金額である。
258,200円―100,000円=158,200円


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...