2級FP過去問解説(資産設計)2018年5月【問25】住宅ローン

【第7問】下記の(問23)~(問25)について解答しなさい。



問25

航一さんは、現在居住しているマンションの住宅ローン(全期間固定金利、返済期間35年、元利均等返済、ボーナス返済なし)の繰上げ返済を検討しており、FPの千田さんに繰上げ返済について質問をした。航一さんが住宅ローンを46回返済後に、100万円以内で期間短縮型の繰上げ返済をする場合、この繰上げ返済により短縮される返済期間として、正しいものはどれか。なお、計算に当たっては、下記<資料>を使用し、繰上げ返済額は100万円を超えない範囲での最大額とすること。また、繰上げ返済に伴う手数料等は考慮しないものとする。

  1.  10ヵ月
  2. 1年4ヵ月
  3. 1年5ヵ月
  4. 1年6ヵ月

[正解]  (適切)

[解説]

46回返済後に繰り上げ返済をするので、残高27,557,468円から100万円を引き、
27,557,468-1,000,000=26,557,468円 以上の残高となる返済回数を探す。
64回は26,554,904円で100万円以上使ってしまうので、その前の63回、残高26,611,315円が繰り上げ返済後の残高となる。
すると、繰り上げ返済により17回分短縮できるため、1年5か月短くなる。
ついでに利息軽減効果も求めておこう。
・残高を引く
27,557,468-26,611,315=946,153円・・・繰り上げ返済額
・繰り上げ返済により返済した「元金+利息額」
96,327円×17=1,637,559円
・利息軽減効果
繰り上げ返済額は元金に充当されるので、
1,637,559円―946,153円=691,406円
となり、約95万円使って、元金を返済し、70万円ほどの利息負担が減ったことになる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...