2級FP過去問解説(資産設計)2018年5月【問33】遺族給付

【第9問】下記の(問29)~(問34)について解答しなさい。


<設例>
岡孝幸さんは、民間企業に勤務する会社員である。孝幸さんと妻の泰子さんは、今後の資産形成や家計の見直しなどについて、FPで税理士でもある佐久間さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれも2018年4月1日現在のものである。

[収入金額(2017年)]
・孝幸さん:給与収入400万円。給与収入以外の収入はない。
・泰子さん:給与収入350万円。給与収入以外の収入はない。
[自宅]
・賃貸マンションに居住しており、家賃は月額9万円(管理費込み)である。
・マイホームとして販売価格3,636万円(うち消費税136万円)のマンションを購入する予定である。
[金融資産(時価)]
・孝幸さん名義
 銀行預金(普通預金):250万円
 銀行預金(定期預金):250万円
・泰子さん名義
 銀行預金(普通預金):150万円
 銀行預金(定期預金):300万円
[負債]
・孝幸さんと泰子さんに負債はない。
[保険]
・団体定期保険A:保険金額2,500万円。保険契約者は孝幸さんの勤務先、保険料負担者および被保険者は孝幸さんである。
・低解約返戻金型終身保険B:保険金額500万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は孝幸さんである。


問33

泰子さんは、仮に孝幸さんが2018年6月に31歳で在職中に死亡した場合の公的年金の遺族給付について、FPの佐久間さんに質問をした。泰子さんが65歳になるまでに受給できる公的年金の遺族給付について示した下記<イメージ図>の空欄(ア)~(エ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、孝幸さんは、20歳から大学卒業まで国民年金に加入し、大学卒業後の22歳から死亡時まで継続して厚生年金保険に加入しているものとする。また、家族に障害者に該当する者はなく、記載以外の遺族給付の受給要件はすべて満たしているものとする。記載のない条件については一切考慮しないこと。


[正解]
(ア)  (イ)  (ウ)  (エ) 10

[解説]

遺族給付で厚生年金保険に加入している場合、遺族基礎年金と遺族厚生年金、中高齢寡婦加算、経過的寡婦加算がある。寡婦年金、死亡一時金は第1号被保険者独自の遺族給付である。
中高齢寡婦加算は遺族基礎年金終了後、経過的寡婦加算は中高齢寡婦加算が終了した後に年金が減少するのを補うための制度であることをおさえておく。
遺族基礎年金は、子(18歳到達年度の末日まで)のある配偶者か子に支給されるため、(ア)が18歳、(イ)が遺族基礎年金(子の加算1人)となる。
遺族厚生年金は報酬比例部分の3/4相当額で配偶者が65歳となり自分の年金を受け取れるようになるまで支給される。


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...