2級FP過去問解説(資産設計)2018年5月【問38】相続税の課税価格

【第10問】下記の(問35)~(問40)について解答しなさい。




問38

公子さんが加入している生命保険の明細は下表のとおりである。仮に現時点(2018年4月1日)で公子さんが死亡した場合に支払われる死亡保険金のうち、相続税の課税価格に算入される金額(死亡保険金のうちの非課税金額を控除した後の金額)として、正しいものはどれか。なお、相続放棄はないものとする。

  1. 0円
  2. 900万円
  3. 1,400万円
  4. 1,500万円

[正解]  (適切)

[解説]

公子さんが亡くなった場合の相続人は、圭一さん、淑子さん、修二さんである。
必ず、相続放棄など相続に関する注意書きがないか確認すること。

生命保険の非課税制度 500万円×3=1,500万円

受取人のうち、修二さんだけ相続人なので、非課税枠は修二さんの受取額だけ適用できる。
修二さん 1,000万円―1,500万円=-500万円 よって、0円

相続税の課税価格に算入される金額は、
2,400万円―1,000万円=1,400万円 となる。

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...