2級FP過去問解説(資産設計)2018年9月【問11】経理処理

問11

株式会社RKの代表取締役である長谷川和彦さん(44歳)は、現在、法人契約での生命保険の加入を検討しており、下記の生命保険について、FPで税理士でもある大下さんに支払保険料に関する税務の相談をした。大下さんがそれぞれの生命保険の保険料支払時における一般的な経理処理について述べた次の説明の空欄(ア)~(エ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句を何度選んでもよいこととし、契約条件はいずれも以下のとおりとする。

<契約条件>

保険契約者:株式会社RK
被保険者:長谷川 和彦
死亡保険金受取人:株式会社RK
被保険者生年月日:1973年12月1日
保険料払込方法:月払い

<参考資料>

[法人が支払う長期平準定期保険等の保険料の取扱いについて(国税庁HPより抜粋)]

区分前払期間資産計上額
長期平準定期保険保険期間満了の時における被保険者の年齢が70歳を超え、かつ、当該保険に加入した時における被保険者の年齢に保険期間の2倍に相当する数を加えた数が105を超えるもの保険期間の開始の時から当該保険期間の60%に相当する期間支払保険料の2分の1に相当する金額

「定期保険Aは( ア )となります。」
「定期保険Bは( イ )となります。」
「定期保険Cは( ウ )となります。」
「終身保険Dは( エ )となります。」

<語群>
1.支払保険料の全額が損金
2.支払保険料の全額が資産計上
3.保険期間の前半60%に相当する期間、支払保険料の2分の1相当額が資産計上
4.保険期間の前半60%に相当する期間、支払保険料の3分の2相当額が資産計上
5.保険期間の前半60%に相当する期間、支払保険料の4分の3相当額が資産計上



[正解]
(ア)  (イ)  (ウ)  (エ) 

[解説]

(ア)(イ)(ウ)
保険期間満了の時における被保険者の年齢が70歳を超えるの・・・(イ)(ウ)
当該保険に加入した時における被保険者の年齢に保険期間の2倍に相当する数を加えた数が105を超える
(イ) 44+27×2=98 < 105
(ウ) 44+55×2=154 > 105
よって、長期平準定期保険に該当するのは(ウ)のみで、(ア)(イ)は定期保険となる。掛捨型である定期保険の保険料は全額損金算入できる。
(エ)
終身保険は貯蓄型で、死亡保険金受取人が法人となっているため、全額資産計上となる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...