2級FP過去問解説(資産設計)2018年9月【問12】生命保険料控除

問12

西里良二さんが2018年中に支払った生命保険の保険料は下記<資料>のとおりである。この場合の西里さんの2018年分の所得税の計算における生命保険料控除の金額として、正しいものはどれか。なお、下記<資料>の保険について、これまでに契約内容の変更は行われていないものとする。また、その年分の生命保険料控除額が最も多くなるように計算すること。

<資料>

<所得税の生命保険料控除額の速算表>

[2011年12月31日以前に締結した保険契約(旧契約)等に係る控除額]
〇一般生命保険料控除、個人年金保険料控除

年間の支払保険料の合計控除額
25,000円以下支払金額
25,000円超  50,000円以下支払金額×1/2+12,500円
50,000円超 100,000円以下支払金額×1/4+25,000円
100,000円超50,000円

[2012年1月1日以降に締結した保険契約(新契約)等に係る控除額]
〇一般生命保険料控除、個人年金保険料控除、介護医療保険料控除

年間の支払保険料の合計控除額
20,000円以下支払金額
20,000円超 40,000円以下支払金額×1/2+10,000円
40,000円超 80,000円以下支払金額×1/4+20,000円
80,000円超40,000円

(注)支払保険料とは、その年に支払った金額から、その年に受けた剰余金や割戻金を差し引いた残り
の金額をいう。

  1. 39,500円
  2. 74,500円
  3. 79,500円
  4. 89,500円

[正解]  (適切)

[解説]

定期保険は、2011年12月31日以前、個人年金保険は2012年1月1日以降の契約なので、参照する表が異なる。
・定期保険
 58,000円×1/4+25,000円=39,500円
・個人年金保険
 80,000円超なので、40,000円
よって、79,500円


[要点のまとめ]

<生命保険料控除>
1.平成23年以前
(1) 一般の生命保険料控除と個人年金保険料控除で、最大控除額は各5万円、住民税は3.5万円が上限
(2) 契約の更新、転換、特約の付加を行うと契約全体が新契約扱いとなる。 
2.平成24年以降
(1) 一般の生命保険料控除、個人年金保険料控除、介護医療保険料控除で、最大控除額は各4万円、住民税は2.8万円が上限
3.新旧同じ控除(どちらも一般、どちらも年金)※今後出題されるかも
次のうち、最も控除額が大きい方法を採用する。
(1) 旧控除のみ(新控除は無視)
(2) 新控除のみ(旧控除は無視)
(3) 旧控除+新控除(ただし上限は4万円)


解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった (1 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...