スポンサーリンク

2級FP過去問解説(資産設計)2018年9月【問13】自動車保険

問13

下記<資料>に基づき、杉山さん(50歳)が契約している自動車保険に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには〇、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。なお、<資料>に記載のない特約については考慮しないものとする。

  1. (ア)杉山さんの友人(50歳)が被保険自動車を運転して事故を起こした場合、補償の対象とならない。
  2. (イ)杉山さんが被保険自動車を運転中に事故を起こしケガをした場合、過失割合に関わらず治療費用の補償を受けることができる。
  3. (ウ)杉山さんと同居している杉山さんの長女(21歳)が被保険自動車を運転して事故を起こした場合、補償の対象となる。
  4. (エ)杉山さんが所有する原動機付自転車(50cc)を杉山さんの妻(45歳)が運転し、事故を起こして他人にケガを負わせてしまった場合、補償の対象となる。

[正解]
(ア)  (イ)  (ウ)  (エ) 

[解説]

(ア) 被保険自動車を見ると、運転者を家族限定にしているため、友人は補償の対象外となる。
(イ) 治療費用に該当する補償は人身傷害である。人身傷害は過失割合に関わらず、示談を待たずに補償を受けることができる。
(ウ) 運転者は家族限定にしているが、証券上部の運転者年齢条件に30歳以上とあるため、21歳である長女は対象外である。
(エ) 杉山さんの妻は配偶者で30歳以上であり、ファミリーバイク特約に加入しているため、補償の対象となる。


[要点のまとめ]

<自賠責保険>
1.保険金の限度額
(1) 死亡 3,000万円
(2) 傷害 120万円
(3) 後遺障害 75万円~4,000万円
2.保険の対象
対人賠償のみだが、任意保険で対象外となる親族も被害者保護の観点から補償の対象となる。
<任意自動車保険>
1.対人倍書保険
・親族は他人に該当せず、保障の対象外となる。
2.対物賠償保険
・自宅の壁や塀を壊した場合は対象外である。
3.人身傷害保険・搭乗者傷害保険
・保障内容は似ている部分があり、運転者や同乗者のケガが対象となる。
・人身傷害保険は、過失の有無にかかわらず実際の損害額が支払われる。
・搭乗者傷害保険は、症状や部位ごとに決められた金額が支払われる。
4.自損事故保険
・対物賠償保険は相手がいれば対象になるが、相手のいないガードレールにぶつかるなどしてケガをした場合に対応。
・運転者や同乗者の死傷を補償する。
5.車両保険
・単独事故などで相手がいない場合の自動車修理のための保険

解説者

FPオフィスベストライフ代表。CFP®認定者・宅建士(未登録)などの資格を保有し、個人相談や執筆業務を行っています。FP資格関連では、LEC東京リーガルマインド、職業訓練校、アガルートなどでFP講師、FP資格の解説本を執筆・校閲した経験があります。
※誤字脱字・解答解説ミスなどございましたら、ページ下よりご報告いただけると幸いです。

FP試験研究所をフォローする
2級FP/2018年9月(資産設計)
FP講師による【2級FP】過去問解答解説
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました