2級FP過去問解説(資産設計)2018年9月【問30】地震保険

【第9問】下記の(問27)~(問33)について解答しなさい。


浜松慎一さんは、民間企業に勤務する会社員である。慎一さんと妻の麗子さんは、今後の資産形成や家計の見直しなどについて、FPで税理士でもある杉野さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれも2018年9月1日現在のものである。

氏名続柄生年月日年齢職業等
浜松 慎一本人1974年8月29日44歳会社員(正社員)
麗子1973年5月1日45歳パートタイマー
翔太長男2001年7月21日17歳高校生
玲奈長女2004年6月12日14歳中学生

[収入金額(2017年)]
・慎一さん:給与収入750万円。給与収入以外の収入はない。
・麗子さん:給与収入98万円。給与収入以外の収入はない。
[金融資産(時価)]
・慎一さん名義
 銀行預金(普通預金):100万円
 銀行預金(定期預金):250万円
・麗子さん名義
 銀行預金(普通預金):50万円
 銀行預金(定期預金):20万円
[住宅ローン]
契約者:慎一さん
借入先:SA銀行
借入時期:2008年4月
借入金額:3,500万円
返済方法:元利均等返済(ボーナス返済なし)
金利:年3.00%
返済期間:35年間
[保険]
・ 定期保険A:保険金額2,500万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は慎一さんである。
・ 学資保険B:保険金額200万円。保険契約者(保険料負担者)は慎一さん、被保険者は翔太さんである。18歳満期。
・ 低解約返戻金型終身保険C:保険金額250万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は慎一さんである。
・ 火災保険D:保険金額1,000万円。保険の目的は「建物」。保険期間は35年。保険契約者(保険料負担者)は慎一さんである。

問30

慎一さんは、相次ぐ地震報道を受けて地震保険に関心を持った。下記<資料>を基に計算した慎一さんの自宅に係る年間の地震保険料として、正しいものはどれか。なお、慎一さんの自宅は愛媛県にあるイ構造のマンションで、火災保険の保険金額は1,000万円である。また、地震保険は火災保険の保険金額の50%相当額で2018年10月に契約し、建築年割引10%が適用されるものとする。

<資料:地震保険金額100万円当たりの年間保険料例(割引適用なしの場合)>

建物の所在地(都道府県)建物の構造区分※
イ構造ロ構造
岩手県・秋田県・山形県・栃木県・群馬県・富山県・石川県・福井県・長野県・滋賀県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・鹿児島県680円1,140円
福島県740円1,490円
北海道・青森県・新潟県・岐阜県・京都府・兵庫県・奈良県810円1,530円
宮城県・山梨県・香川県・大分県・宮崎県・沖縄県950円1,840円
愛媛県1,200円2,380円
大阪府1,320円2,380円
徳島県・高知県1,350円3,190円
茨城県1,350円2,790円
埼玉県1,560円2,790円
愛知県・三重県・和歌山県1,710円2,890円
千葉県・東京都・神奈川県・静岡県2,250円3,630円

※イ構造:主として鉄骨・コンクリート造の建物、ロ構造:主として木造の建物

  1.    5,400円
  2.   10,710円
  3.   10,800円
  4.   21,420円

[正解]  (不適切)

[解説]

・資料は、100万円当たりの年間保険料で割引適用なしの場合である。住まいは愛媛県で、火災保険の保険金額1,000万円の50%で契約するので、
 1,200円×500万円/100万円=6,000円
・建築年割引10%適用させるので、
 6,000円×0.9=5,400円



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...