2級FP過去問解説(資産設計)2018年9月【問32】国民年金基金

【第9問】下記の(問27)~(問33)について解答しなさい。


浜松慎一さんは、民間企業に勤務する会社員である。慎一さんと妻の麗子さんは、今後の資産形成や家計の見直しなどについて、FPで税理士でもある杉野さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれも2018年9月1日現在のものである。

氏名続柄生年月日年齢職業等
浜松 慎一本人1974年8月29日44歳会社員(正社員)
麗子1973年5月1日45歳パートタイマー
翔太長男2001年7月21日17歳高校生
玲奈長女2004年6月12日14歳中学生

[収入金額(2017年)]
・慎一さん:給与収入750万円。給与収入以外の収入はない。
・麗子さん:給与収入98万円。給与収入以外の収入はない。
[金融資産(時価)]
・慎一さん名義
 銀行預金(普通預金):100万円
 銀行預金(定期預金):250万円
・麗子さん名義
 銀行預金(普通預金):50万円
 銀行預金(定期預金):20万円
[住宅ローン]
契約者:慎一さん
借入先:SA銀行
借入時期:2008年4月
借入金額:3,500万円
返済方法:元利均等返済(ボーナス返済なし)
金利:年3.00%
返済期間:35年間
[保険]
・ 定期保険A:保険金額2,500万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は慎一さんである。
・ 学資保険B:保険金額200万円。保険契約者(保険料負担者)は慎一さん、被保険者は翔太さんである。18歳満期。
・ 低解約返戻金型終身保険C:保険金額250万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は慎一さんである。
・ 火災保険D:保険金額1,000万円。保険の目的は「建物」。保険期間は35年。保険契約者(保険料負担者)は慎一さんである。

問32

慎一さんの弟の武志さん(40歳)は、現在、個人事業主として防水工事業を営んでいる。武志さんは老後の生活のために国民年金基金に加入することを検討しており、FPの杉野さんに質問をした。国民年金基金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 国民年金基金には、国民年金保険料を納付している国民年金の第1号被保険者のほか、日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の国民年金の任意加入者も加入できる。
  2. 月々の掛金の上限は、原則として68,000円であり、掛金の全額が社会保険料控除の対象となる。
  3. 国民年金基金に加入している者は、個人型確定拠出年金に加入できない。
  4. 国民年金基金の老齢年金には終身年金と確定年金があり、受け取った年金は、雑所得として公的年金等控除の対象となる。

[正解]  (不適切)

[解説]

国民年金基金に入ると付加できないのは付加年金である。国民年金基金と個人型確定拠出年金は併用できる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...