2級FP過去問解説(資産設計)2019年1月【問4】外貨預金の利息計算

問4

 下記<資料>は、福岡さんがWA銀行に預け入れている外貨定期預金の明細である。この外貨定期預金について、満期時の外貨ベースの元利合計額を円転した金額を計算しなさい。なお、計算結果(円転した金額)について円未満の端数が生じる場合は切り捨てること。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。

<資料>

・預入額 10,000米ドル
・預入期間 12ヵ月
・預金金利 2.0%(年率)
・為替レート (1米ドル)

注1:利息の計算に際しては、預入期間は日割りではなく月割りで計算すること。
注2:為替差益・為替差損に対する税金については考慮しないこと。
注3:利息に対しては、米ドル建ての利息額の20%(復興特別所得税は考慮しない)相当額が所得税・住民税として源泉徴収されるものとすること。



[正解] 1,117,600 (円)

[解説]

円転した満期時の受取額を計算する。
1.まず、米ドルベースの総受取額を計算する。預入期間は1年間なので年利率をそのまま使用する。
 10,000米ドル×0.02×0.8=160米ドル・・・利息額
 10,160米ドル・・・元利合計
2.次に、円転するが、TTSを使うかTTBを使うのかの判断が必要である。
 「米ドル⇒円」なので、「金融機関が外貨を買う」ことから、TTBを使う
 10,160米ドル✕110=1,117,600(円)

[要点のまとめ]

外貨預金に預けた場合の円ベース受取額を求める。基本的な計算手順は次の通りである。
1.円→外貨(TTSを使う)
2.外貨建ての元利合計額を求めるが、利息額を求めることが中心となる。
 ※税金を考慮するかを確認し、預入期間が1年未満の場合は注意すること
3.外貨→円(TTBを使う
最近の傾向として、1.を飛ばして2.から計算する問題が多い。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました