2級FP過去問解説(資産設計)2019年1月【問12】生命保険料控除

問12

 飯田洋二郎さんが2018年中に支払った生命保険の保険料は下記<資料>のとおりである。この場合の飯田さんの2018年分の所得税の計算における生命保険料控除の金額として、正しいものはどれか。なお、下記<資料>の保険について、これまでに契約内容の変更はないものとする。また、その年分の生命保険料控除額が最も多くなるように計算すること。

  1. 41,750円
  2. 76,750円
  3. 81,750円
  4. 91,750円


[正解]  (適切)

[解説]

・まず旧控除が適用されるであろう「定期保険」に特約の付加や転換などがないか確認する。設問に、「契約内容の変更はないもの」と書かれているため、定期保険はそのまま旧控除に該当する。
・定期保険(旧控除・一般)
 67,000円×1/4+25,000円=41,750円
 ※限度額50,000円
・個人年金保険(新控除・個人年金)
 40,000円
 ※限度額40,000円
⇒「一般」と「個人年金」で分類が異なるため、旧控除と新控除でそれぞれ計算し、合計すればよい。
・仮に旧控除、新控除ともに加入している場合(たとえば今回の問題で、個人年金が一般だったとして控除額を求めると)、次のいずれか大きい方となる。
 (1) 旧控除 41,750円(新控除は無視する)
 (2) 新控除 40,000円(旧控除は無視する)
 (3) 旧+新 41,750円+40,000円=81,750円>40,000円 よって、40,000円
※旧+新は、合計できるが限度額は40,000円となる。
⇒旧控除のみを選んだ方が控除額は大きくなる。

[要点のまとめ]

<生命保険料控除>
1.平成23年以前
(1) 一般の生命保険料控除と個人年金保険料控除で、最大控除額は各5万円、住民税は3.5万円が上限
(2) 契約の更新、転換、特約の付加を行うと契約全体が新契約扱いとなる。 
2.平成24年以降
(1) 一般の生命保険料控除、個人年金保険料控除、介護医療保険料控除で、最大控除額は各4万円、住民税は2.8万円が上限
3.新旧同じ控除(どちらも一般、どちらも年金)※今後出題されるかも
次のうち、最も控除額が大きい方法を採用する。
(1) 旧控除のみ(新控除は無視)
(2) 新控除のみ(旧控除は無視)
(3) 旧控除+新控除(ただし上限は4万円)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました