2級FP過去問解説(資産設計)2019年1月【問13】保険証券の読み取り

問13

 下記<資料>に基づき、井川さんが契約している普通傷害保険について、FPの天野さんの次の説明の空欄(ア)~(エ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句を何度選んでもよいこととし、保険金の支払い要件はすべて満たしているものとする。

「井川さんが仕事中のケガで5日間病院に通院した場合、受け取れる保険金は( ア )。」
「井川さんが地震によるケガで6日間病院に入院した場合(手術は受けていない)、受け取れる保険金は( イ )。」
「井川さんが交通事故により傷害後遺障害第6級に該当した場合、受け取れる傷害後遺障害保険金は( ウ )。」
「井川さんの中学生の息子が自転車で誤って他人にケガを負わせた場合、相手への賠償責任に関する補償は最高( エ )。」

<語群>
1.ありません     2.1万円です   3.2万円です
4.3万円です     5.4万円です   6.420万円です
7.500万円です   8.590万円です 9.690万円です
10.1,000万円です 11.1億円です



[正解] 
(ア)  (イ)  (ウ)  (エ) 11

[解説]

普通傷害保険は、国内外問わず業務中・日常生活ともに補償の対象だが、地震・細菌性食中毒などは対象外となる。
(ア)「仕事中」の「ケガ」で「通院」した場合の保険金
   傷害通院保険金:2,000円×5=1万円
(イ)普通傷害保険では、地震によるケガは対象外だが、天災危険担保特約が付加されているため、補償の対象となる。
   「地震」の「ケガ」で「入院」した場合の保険金
   傷害入院保険金:5,000円×6=3万円
(ウ)傷害後遺障害保険金(第6級)を聞いているだけなので、表を参照すればよい。
   500万円
(エ)「息子が他人にケガを負わせた」場合は、個人賠償責任で対応できる。
   1億円(限度額)

[要点のまとめ]

<損害保険証券の読み取り>
1.特約に注意する
 参考書等では、「特約を付けない限り」という文言付きで保障内容が書かれているため、特約があれば保障される。そのため、特約までしっかり確認する必要がある。
2.基本的には生命保険の証券読み取りと同様、保険タイプ別の特徴を理解していれば解ける。
3.間違えた場合は、見逃したのか、保障内容を理解していなかったのか原因をはっきりさせ対策すること。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました