2級FP過去問解説(資産設計)2019年1月【問23】キャッシュフロー表

【第7問】下記の(問22)~(問24)について解答しなさい。

問23

 布施家のキャッシュフロー表の空欄(イ)に入る数値を計算しなさい。なお、計算過程においては端数処理をせず計算し、計算結果については万円未満を四捨五入すること。



[正解] 810 (万円)

[解説]

2年後の金融資産残高を求める
(1) 年間収支が空白なので、2年後の年間収支を求める。
 791万円-822万円=▲31(万円)
(2) 金融資産残高
 833万円✕1.01-31万円=810.33(万円)
 よって、810(万円)となる。

[要点のまとめ]

1.n年後の収入額や支出額を求めるには、次の算式を使う。
 (算式)n年後の金額=現在の金額✕(1+変動率)\(^{n}\)
 金融資産残高を求める場合で、前年の金額が表示されているときは、1年後の残高として「✕(1+変動率)」をかければよい。
 一定率で上昇する給与収入、基本生活費、その他支出などで使用するが、進路により支出額が大きく変わる教育費は、年毎の支出額を求めてから変動率をかける。また固定金利型で借り入れた住宅ローンや保険料など変動率をかけない支出もある。
2.電卓で累乗計算をする(3乗の場合)
(1) カシオ系:「✕2回」、「=2回」
(2) シャープ系:「✕1回」、「=2回」
 3乗の場合、「=3回」ではなく「=2回」であることに注意する。

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...