2級FP過去問解説(資産設計)2019年1月【問30】NISA

【第9問】下記の(問28)~(問34)について解答しなさい。


<設例>
増田敬太さんは、民間企業に勤務する会社員である。敬太さんと妻の瑠璃子さんは、今後の資産形成や家計の見直しなどについて、FPで税理士でもある大久保さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれも2019年1月1日現在のものである。

[収入金額(2018年)]
・敬太さん:給与収入450万円。給与収入以外の収入はない。
・瑠璃子さん:給与収入400万円。給与収入以外の収入はない。
[自宅]
・賃貸マンションに居住しており、家賃は月額11万円(管理費込み)である。
・マイホームとして販売価格4,444万円(うち消費税144万円)のマンションを購入する予定である。
[金融資産(時価)]
・敬太さん名義
 銀行預金(普通預金):200万円
 銀行預金(定期預金):100万円
 財形住宅貯蓄(保険型):200万円
・瑠璃子さん名義
 銀行預金(普通預金):300万円
 銀行預金(定期預金):200万円
 財形住宅貯蓄(金銭信託):100万円
[負債]
・敬太さんと瑠璃子さんに負債はない。
[保険]
・収入保障保険A:年金月額15万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は敬太さん、年金受取人は瑠璃子さんである。
・定期保険B:保険金額2,000万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は瑠璃子さん、保険金受取人は敬太さんである。


問30

 敬太さんは、公募投資信託やETF(上場投資信託)、J-REIT(上場不動産投資信託)の購入を検討しており、一般NISA(少額投資非課税制度)についてFPの大久保さんに質問をした。大久保さんが金融商品等について説明する際に使用した下表の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。

公社債投資信託株式投資信託ETFJ-REIT
一般NISAによる非課税の対象対象にならない対象になる( ア )対象になる
金融商品取引所への上場・非上場非上場( イ )上場上場
指値注文できないできないできる( ウ )

<語群>
1.対象になる 2.対象にならない 3.上場
4.非上場 5.できる 6.できない



[正解] 
(ア)  (イ)  (ウ) 

[解説]

公社債投資信託株式投資信託ETFJ-REIT
一般NISAによる非課税の対象対象にならない対象になる(ア対象になる対象になる
金融商品取引所への上場・非上場非上場(イ非上場上場上場
指値注文できないできないできる(ウできる
[要点のまとめ]

・ETF(株価指数連動型上場投資信託)とJ-REIT(上場不動産投資信託)は上場しているため、投資の仕方は株式と同じである。
・公社債投資信託や株式投資信託は上場していないため、基準価額で購入する。
NISAでは、預貯金、公社債、公社債投資信託などは対象外である。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました