2級FP過去問解説(資産設計)2019年5月【問9】不動産所得

問9

 柴田さんは、保有しているマンションを賃貸している。下記<資料>に基づいて計算した2018年分の所得税に係る不動産所得の金額として、正しいものはどれか。なお、<資料>以外の収入および支出等はないものとし、青色申告特別控除は考慮しないこととする。

<資料:2018年分の賃貸マンションに係る収入および支出等>

・賃料収入(総収入金額) 144万円
・支出
 銀行へのローン返済金額 60万円(元金40万円、利息20万円)
 管理費等 12万円
 管理業務委託費 72,000円
 火災保険料 1万円
 固定資産税 12万円
 修繕費 8万円
・減価償却費 33万円
※支出等のうち必要経費となるものは、すべて2018年分の所得に係る必要経費に該当するものとする。

  1. 308,000円
  2. 438,000円
  3. 508,000円
  4. 838,000円

[正解]  (適切)

[解説]

・銀行へのローン返済金額のうち元金40万円は費用にならない。
・減価償却費はキャッシュフローを求める際には引かないが、所得を求める際には費用として引く。
144万円-(20万円+12万円+7.2万円+1万円+12万円+8万円+33万円)
=50.8万円


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...