2級FP過去問解説(資産設計)2019年5月【問12】保険と税金

問12

 布施陽介さんが契約している終身保険(下記<資料>参照)に関する次の(ア)~(エ)の記述について、正しいものには〇、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。

<資料:終身保険の契約内容>

保険契約者(保険料負担者):布施 陽介
被保険者:布施 弘子(妻)
死亡保険金受取人:布施 貴裕(子)

  1. (ア)弘子さんが死亡して貴裕さんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
  2. (イ)保険契約を解約して解約返戻金を陽介さんが一時金で受け取った場合、払込保険料との差益が一時所得として所得税の課税対象となる。
  3. (ウ)陽介さんが死亡して弘子さんに契約者変更をした場合、陽介さん死亡時の解約返戻金相当額が相続税の課税対象となる。
  4. (エ)毎年支払う保険料について、陽介さんは所得税の生命保険料控除を受けることができない。

[正解]
(ア)  (イ)  (ウ)  (エ) 

  1. (ア)弘子さんが死亡して貴裕さんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
  2. [解説]
    保険料負担者が陽介さんで、受取人が貴裕さんであり、陽介さんは死亡していない。資金(保険料)が生存している陽介さんから貴裕さんに移動しているため、贈与税の課税対象となる。もし被保険者も陽介さんで、陽介さんが死亡した場合は相続税の課税対象となる。

  3. (イ)保険契約を解約して解約返戻金を陽介さんが一時金で受け取った場合、払込保険料との差益が一時所得として所得税の課税対象となる。
  4. [解説]
    陽介さんが保険料を支払って、一時金を受け取っているので、所得税(一時所得)の課税対象となる。

  5. (ウ)陽介さんが死亡して弘子さんに契約者変更をした場合、陽介さん死亡時の解約返戻金相当額相続税の課税対象となる。
  6. [解説]
    陽介さんから弘子さんに資金(権利)が移動しており、陽介さんは死亡しているため、相続税の課税対象となる。

  7. (エ)毎年支払う保険料について、陽介さんは所得税の生命保険料控除を受けることができない
  8. [解説]
    終身保険は一般の生命保険料控除の対象商品であり、陽介さんが毎年保険料を支払っているので、生命保険料控除を受けることができる


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...