2級FP過去問解説(資産設計)2019年5月【問13】少額短期保険

問13

 少額短期保険に関する次の記述の空欄(ア)~(エ)に入る語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

・少額短期保険業者が1人の被保険者から引き受ける保険金額の合計額は、低発生率保険を除き、原則として( ア )を超えてはならない。
・保険期間の上限は、生命保険・医療保険が1年、損害保険は( イ )である。
・保険料は、生命保険料控除・地震保険料控除の対象と( ウ )。
・少額短期保険業者が破綻した場合、契約者は保険契約者保護機構による保護の対象と( エ )。

  1. (ア)1,000万円 (イ)3年 (ウ)ならない (エ)なる
  2. (ア)2,000万円 (イ)3年 (ウ)なる   (エ)なる
  3. (ア)1,000万円 (イ)2年 (ウ)ならない (エ)ならない
  4. (ア)2,000万円 (イ)2年 (ウ)なる   (エ)ならない

[正解]  (適切)

[解説]

・少額短期保険業者が1人の被保険者から引き受ける保険金額の合計額は、低発生率保険を除き、原則として( ア 1,000万円 )を超えてはならない。
・保険期間の上限は、生命保険・医療保険が1年、損害保険は( イ 2年 )である。
・保険料は、生命保険料控除・地震保険料控除の対象と( ウ ならない )。
・少額短期保険業者が破綻した場合、契約者は保険契約者保護機構による保護の対象と( エ ならない )。

[要点のまとめ]

少額短期保険業は、保険業のうち、一定の事業規模の範囲内において、保険金額が少額、保険期間1年(第二分野については2年)以内の保険で保障性商品の引受のみを行う事業として、「少額短期保険業」が設けられている。少額短期保険業には、引き受ける保険金額の上限が設けられており、死亡保険300万円以下、医療保険80万円以下などに区分され、合計額は1,000万円が上限となる。また少額短期保険の保険料は保険料控除の対象とならず、保険契約者保護機構による保護の対象にもならない。


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...