2級FP過去問解説(資産設計)2019年5月【問19】贈与税額

問19

 香川寛さん(45歳)は、父(73歳)と叔父(70歳)から下記<資料>の贈与を受けた。寛さんの2018年分の贈与税額として、正しいものはどれか。なお、父からの贈与については、2017年から相続時精算課税制度の適用を受けている(適用要件は満たしている)。

<資料>

[2017年中の贈与]
 父から贈与を受けた金銭の額:1,000万円
[2018年中の贈与]
 父から贈与を受けた金銭の額:2,000万円
 叔父から贈与を受けた金銭の額:500万円
※2017年中および2018年中に上記以外の贈与はないものとする。
※上記の贈与は、住宅取得等資金や結婚・子育てに係る資金の贈与ではない。

<贈与税の速算表>
(イ)20歳以上の者が直系尊属から贈与を受けた財産の場合

基礎控除後の課税価格税率控除額
 200万円以下10%
 200万円超 400万円以下15%10万円
 400万円超 600万円以下20%30万円
 600万円超 1,000万円以下30%90万円
 1,000万円超 1,500万円以下40%190万円
 1,500万円超 3,000万円以下45%265万円
 3,000万円超 4,500万円以下50%415万円
 4,500万円超55%640万円

(ロ)上記(イ)以外の場合

基礎控除後の課税価格税率控除額
 200万円以下10%
 200万円超 300万円以下15%10万円
 300万円超 400万円以下20%25万円
 400万円超 600万円以下30%65万円
 600万円超 1,000万円以下40%125万円
 1,000万円超 1,500万円以下45%175万円
 1,500万円超 3,000万円以下50%250万円
 3,000万円超55%400万円
  1. 1,310,000円
  2. 1,485,000円
  3. 1,530,000円
  4. 1,850,000円

[正解]  (適切)

[解説]

相続時精算課税制度は、贈与者や受贈者ごとに選択できるが、一度選択すると基礎控除は適用できない。また本制度では2,500万円を超える金額は一律20%の贈与税が課せられる。2,500万円使いきるまで、年度をまたいで利用することができる。
・父からの贈与
 2017年 1,000万円-1,000万円=0
 ※相続時精算課税制度の残り、1,500万円
 2018年 2,000万円-1,500万円=500万円
 500万円×20%=100万円
・叔父からの贈与
 500万円-110万円=390万円
 390万円✕20%-25万円=53万円
・父からの贈与と叔父からの贈与を合計する
 100万円+53万円=153万円

[要点のまとめ]

<贈与税の配偶者控除>
 贈与税の配偶者控除は、婚姻期間が20年以上の配偶者から居住用不動産(居住用不動産を取得するための資金)を贈与された場合、最高2,000万円の配偶者控除を受けられる制度である。贈与税の配偶者控除のポイントは次のとおりである。
(1) 婚姻期間20年以上
(2) 居住用不動産または居住用不動産を取得するための資金が対象
(3) 贈与を受けた年の翌年3月15日までに居住を開始し、引き続き居住する見込みであること
(4) 同じ配偶者から1回しか使えない。
(5) この特例適用後の贈与税額がゼロになったとしても贈与税の申告をしなければならない
(6) 相続税の生前贈与の対象にはならない
(7) 贈与年に贈与者が死亡したとしても、贈与税の配偶者控除を適用できる。

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...