2級FP過去問解説(資産設計)2019年5月【問34】労災保険

【第9問】下記の(問28)~(問34)について解答しなさい。


<設例>
野村政彦さんは、民間企業に勤務する会社員である。政彦さんと妻の泰子さんは、今後の資産形成や家計の見直しなどについて、FPで税理士でもある榎田さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれも2019年4月1日現在のものである。

[収入金額(2018年)]
政彦さん:給与収入750万円。給与収入以外の収入はない。
泰子さん:給与収入100万円。給与収入以外の収入はない。
[金融資産(時価)]
・政彦さん名義
 銀行預金(普通預金):150万円
 銀行預金(定期預金):200万円
・泰子さん名義
 銀行預金(普通預金):20万円
 銀行預金(定期預金):30万円
[住宅ローン]
契約者:政彦さん
借入先:GY銀行
借入時期:2008年6月
借入金額:4,000万円
返済方法:元利均等返済(ボーナス返済なし)
金利:固定金利型
返済期間:35年間
[保険]
定期保険A:保険金額2,000万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は政彦さん。低解約返戻金型終身保険B:保険金額300万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は政彦さん。
火災保険C:保険金額1,500万円。保険の目的は建物、保険契約者は政彦さん。保険期間35年。


問34

政彦さんは、労働者災害補償保険(以下「労災保険」という)について、FPの榎田さんに質問をした。労災保険の概要に関する下表の空欄(ア)~(エ)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

適用される労働者労災保険の適用事業の事業主に使用される労働者であって、( ア )。
療養補償給付労働者が業務上の負傷または疾病により、労災指定病院等で療養補償給付を受けた場合、( イ )。
労災保険料の負担労災保険料は、( ウ )。
保険料率労災保険の保険料率は、( エ )。
  1. 空欄(ア)にあてはまる語句は、「アルバイト・パートタイマー等は除かれる」である。
  2. 空欄(イ)にあてはまる語句は、「労働者は医療費の1割を負担する」である。
  3. 空欄(ウ)にあてはまる語句は、「その全額を事業主が負担する」である。
  4. 空欄(エ)にあてはまる語句は、「業種にかかわらず一律である」である。

[正解]  (適切)

[解説]

適用される労働者労災保険の適用事業の事業主に使用される労働者であって、( ア アルバイト・パートタイマー等も含まれる )。
療養補償給付労働者が業務上の負傷または疾病により、労災指定病院等で療養補償給付を受けた場合、( イ 労働者による医療費の負担はない )。
労災保険料の負担労災保険料は、( ウ その全額を事業主が負担する )。
保険料率労災保険の保険料率は、( エ 業種によって異なる )。

療養した医療機関が労災保険指定医療機関でない場合には、療養費を立て替えて支払い、後日「療養補償給付たる療養の費用請求書」を労働基準監督署長に提出すると、その費用が支払われる。

[要点のまとめ]

<労災保険>
1.労災保険の請求
労働者が労働災害により負傷した場合、労災保険給付の請求を労働基準監督署長あて行う。
2.労災保険における通勤の意味
合理的な経路、最短経路であれば通勤途中の災害も補償の対象となる。次の点に注意すること。
(1) 通勤途中で、飲み会等などによる寄り道(逸脱)の場合、通常の経路に戻ったとしても通勤扱いにならない
(2) 通勤途中で、病院での治療や買い物など日常的な行動の場合、通常の経路に戻れば、戻ったところから通勤扱いとなる。
(1) 療養補償給付
・療養した医療機関が労災保険指定医療機関の場合には、療養費を支払う必要はない。
・療養した医療機関が労災保険指定医療機関でない場合には、療養費を立て替えて支払い、後日「療養補償給付たる療養の費用請求書」を労働基準監督署長に提出すると、その費用が支払われる。
(2) 休業補償給付
労働災害により休業した場合には、4日目から休業補償給付が支給される。なお、休業4日未満の労働災害については、使用者が労働者に対し、休業補償を行わなければならない。

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...