2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問5】財形貯蓄制度

問5

財形貯蓄制度に関する下表の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、復興特別所得税については考慮しないこと。

  1. (ア)にあてはまる語句は「満55歳」である。
  2. (イ)にあてはまる語句は「3年」である。
  3. (ウ)にあてはまる語句は「385万円」である。
  4. (エ)にあてはまる語句は「積立開始時からの利息相当分すべてが一時所得として総合課税扱いとなる」である。

[正解]  (不適切)

[解説]

財形貯蓄制度は、制度を導入している企業に勤めている人であれば利用でき、目的に合った引き出しをすれば、一定の範囲内の利子が非課税となる制度である。
財形貯蓄制度に関する問題は、毎回出題される内容ではないため、確認していなかったかもしれない。数値が問われることが多いが、財形貯蓄制度は「5」が多いため、覚えやすい。(エ)は細かいため、財形貯蓄制度の基本となる(ア)~(ウ)で判断できれば正解できるだろう。


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...