2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問9】

問9

建築基準法に従い、下記<資料>の甲土地に建物を建てる場合の建築面積の最高限度を計算しなさい。なお、<資料>に記載のない条件については一切考慮しないこととする。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。


[正解] 72 (㎡)

[解説]

建築面積の最高限度は、「建築面積 = 敷地面積 × 建蔽率」で求める。

(1) 敷地面積
 甲土地、乙土地ともにセットバックを要する。敷地面積にセットバック部分を含めることができないため、セットバック部分を求める必要がある。前面道路の反対側は乙土地で、がけや河川ではないため、乙土地におセットバック部分を取ることができる。

 前面道路は幅員4m必要なので、
 (4m – 3.2m) ÷ 2 = 0.4m
 となり、両側それぞれ0.4mずつセットバック部分で確保しなければならない。
 セットバックを考慮した敷地面積は、
 15m × (10m - 0.4m) = 144 ㎡
 となる。
(2) 適用する建蔽率
 建蔽率には緩和措置や制限がないものがあるため、該当するかどうか確認する。
 ① 防火地域内にある耐火建築物 + 10%
 ② 特定行政庁が指定する角地  + 10%
 ③ 建蔽率80%の地域で防火地域内にある耐火建築物 100%
 ①~③いずれも該当しないため、指定建蔽率である、5/10(50%)を適用する。
(3) 建築面積の最高限度
 建築面積の最高限度は、「建築面積 = 敷地面積 × 建蔽率」で求める。
 144 ㎡ × 50% = 72㎡
 となる。


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...