2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問12】

問12

五十嵐重彦さんが2019年中に支払った医療保険および個人年金保険の保険料は下記<資料>のとおりである。この場合の重彦さんの2019年分の所得税の計算における生命保険料控除の金額として、正しいものはどれか。なお、下記<資料>の保険について、これまでに契約内容の変更はないものとする。また、その年分の生命保険料控除額が最も多くなるように計算すること。

  1. 34,610円
  2. 50,000円
  3. 74,610円
  4. 84,610円

[正解]  (適切)

[解説]

生命保険料控除額は、2011年12月31日以前の契約である「個人年金保険(税制適格特約付)」と2012年1月1日以降の契約である「医療保険(介護医療保険契約)」で異なる。

(1) 新契約(医療保険)の控除額
 58,440円 × 1/4 + 20,000円 = 34,610円
(2) 旧契約(個人年金保険)の控除額
 100,000円超なので、50,000円
 新契約と旧契約とでは、控除の種類(一般・介護医療・年金)が異なるため、そのまま合計すればよい。
 よって、34,610円 + 50,000円 = 84,610円となる。


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...