2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問13】

問13

荒木さんは、疾病Xおよび疾病Y(前後に入院した疾病Xとは無関係)により入院をした。下記<資料>に基づき、荒木さんが契約している医療保険の入院給付金の日数に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)に入る数値を解答欄に記入しなさい。なお、荒木さんは、入院Aについてはこの医療保険から所定の入院給付金を受け取っているが、それ以外にこの医療保険から一度も給付金を受け取っていないものとする。


[正解]
(ア) 28(日分) (イ) 15(日分)

[解説]

80日以内に同じ疾病で再入院した場合には、1回の入院と見なされる。
(1) 入院A
 1入院限度日数は60日なので、45日分の給付金が支給される。
(2) 入院B
 入院Aとは異なる疾病なので、28日分の給付金が支給される。
(3) 入院C
 入院Aと同一の疾病なので、1回の入院と見なされる。そのため、36日のうち
 「60日(限度日数) – 45日(入院A) = 15日」分の給付金が支給される。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...