2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問14】

問14

下記<資料>の保険の対象となる住宅建物が火災により500万円の損害を受けた場合、支払われる損害保険金の額として、正しいものはどれか。なお、特約は付帯されていないものとする。また、解答に当たっては、<資料>に基づくこととする。

  1. 300万円
  2. 375万円
  3. 500万円
  4. 1,200万円

[正解]  (適切)

[解説]

保険金額が保険価額(再調達価額)より低い一部保険に該当する。<資料2>の約款に従って考えればよい。
『ア 保険金額が、建物の再調達価額の80%に相当する額以上の場合は、次の算式により算出した額とします。
損害の額-保険証券記載の自己負担額=損害保険金』
1,200万円 ÷ 2,000万円 = 60% < 80%
となり、80%を下回っている。

『イ ア以外の場合は、次の算式により算出した額とします。
(損害の額-保険証券記載の自己負担額)×建物の保険金額/再調達価額×80%
=損害保険金』
<資料1>より、火災の場合の自己負担額は0円なので、
 500万円 × 1,200万円/2,000万円 × 0.8 = 375万円
となる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...