2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問15】

問15

会社員の伊丹さんは、2019年12月に勤務先を退職する予定である。伊丹さんの退職に係るデータが下記<資料>のとおりである場合、伊丹さんの退職一時金に係る退職所得の金額として、正しいものはどれか。なお、伊丹さんは、勤務先の役員であったことはなく、退職は障害者になったことに基因するものではない。

  1. 375万円
  2. 410万円
  3. 750万円
  4. 820万円

[正解]  (適切)

[解説]

退職所得と退職所得控除額(勤続年数20年超の場合)は次の計算式で求める。
・(退職金の額 - 退職所得控除額) × 1/2
・退職所得控除額 = 800万円 + 70万円 × (勤続年数 - 20年)
※勤続年数について、1年未満の端数がある場合は1年となる。
(1) 退職所得控除額
 800万円 + 70万円 × (25年 – 20年) = 1,150万円
(2) (1,900万円 - 1,150万円) × 1/2 = 375万円
よって、退職所得は375万円となる。


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...