2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問18】

問18

増田さん(68歳)の2019年分の収入等は下記のとおりである。増田さんの2019年分の所得税における総所得金額として、正しいものはどれか。

※老齢厚生年金および企業年金は公的年金等控除額を控除する前の金額である。
※生命保険は、養老保険(保険期間30年、保険契約者および満期保険金受取人は増田さん)の満期保険金であり、既払込保険料(増田さんが全額負担している)は180万円である。なお、契約者配当については考慮しないこととする。

  1. 380万円
  2. 320万円
  3. 260万円
  4. 235万円

[正解]  (適切)

[解説]

老齢厚生年金および企業年金は雑所得、生命保険の満期保険金は一時所得となる。
(1) 雑所得(老齢厚生年金および企業年金)
 <公的年金等控除額の速算表>より、公的年金等控除額は120万円である。
 雑所得 = 年金収入 – 公的年金等控除額
 = 320万円 - 120万円 = 200万円
(2) 一時所得(生命保険の満期保険金)
 総所得金額を求めるため、総所得に算入すべき一時所得を求める。
 総所得に算入すべき一時所得
 = (収入 - 費用 - 最大50万円) × 1/2
 = (300万円 - 180万円 - 50万円) × 1/2 = 35万円
(3) 総所得金額(雑所得 + 総所得に算入すべき一時所得)
 200万円 + 35万円 = 235万円
よって、総所得金額は235万円となる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...