2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問19】

問19

下記<親族関係図>の場合において、民法の規定に基づく法定相続分に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句または数値を語群の中から選び、解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句または数値を何度選んでもよいこととする。

[相続人の法定相続分]
・ 被相続人の配偶者の法定相続分は( ア )。
・ 被相続人の長女の法定相続分は( イ )。
・ 被相続人の孫Aおよび孫Bの各法定相続分は( ウ )。

<語群>

なし 1/2 1/3 1/4 1/6
1/8 1/12 2/3 3/4


[正解]
(ア) 1/2 (イ) 1/6 (ウ) 1/12

[解説]

法定相続人は、配偶者、長男、孫A、孫B、長女の5人である。配偶者と第1順位の子なので、法定相続分は配偶者1/2、子1/2となる。子が複数いるときは均等に分ける。
・法定相続分
 配偶者 1/2
 長男 1/2 × 1/3 = 1/6
 孫A 1/2 × 1/3 × 1/2 = 1/12
 孫B 1/2 × 1/3 × 1/2 = 1/12
 長女 1/2 × 1/3 = 1/6
※孫A、孫Bは二男の代襲相続人



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...