2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問20】

問20

相続税において相続財産から控除できる債務等に関する次の(ア)~(エ)の記述のうち、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

  1. 被相続人に課される未払いの所得税、住民税、固定資産税等は、相続財産から控除することができる。
  2. 葬式などの前後の出費で、通常葬式に欠かせないお通夜などにかかった費用については、葬式費用として相続財産から控除することができる。
  3. 香典返しのためにかかった費用については、葬式費用として相続財産から控除することができない。
  4. 四十九日の法要のためにかかった費用については、原則として、葬式費用として相続財産から控除することができる。

[正解]
(ア)  (イ)  (ウ)  (エ) 

[解説]

債務を承継したり、葬儀費用を負担したりした場合には、課税価格から控除することができる。控除の対象となる、対象とならない債務や葬儀費用は次のとおりである。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...