2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問21】

問21

米田さんは、各相続人の納付税額を計算する際の「配偶者に対する相続税額の軽減」について、FPで税理士でもある目黒さんに質問をした。下記の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

  1. (ア)20年以上あることが必要となります (イ)多い方 (ウ)10ヵ月
  2. (ア)20年以上あることが必要となります (イ)少ない方 (ウ)3年
  3. (ア)要件は定められていません (イ)少ない方 (ウ)10ヵ月
  4. (ア)要件は定められていません (イ)多い方 (ウ)3年

[正解]  (適切)

[解説]

「配偶者の税額軽減」は、配偶者が取得した財産が1億6,000万円または配偶者の法定相続分相当額のどちらか多い方までであれば、配偶者には相続税がかからない。また婚姻期間についての要件はないが、配偶者の税額軽減を適用したあとに相続税額がゼロになる場合でも相続税の申告書を提出しなければならない。


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...