2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問29】

【第9問】下記の(問29)~(問34)について解答しなさい。


<設例>
佐野幸一郎さんは、民間企業に勤務する会社員である。幸一郎さんと妻の恵美さんは、今後の資産
形成などについて、FPで税理士でもある阿久津さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれ
も2019年9月1日現在のものである。

[収入金額(2018年)]
幸一郎さん:給与収入480万円。給与収入以外の収入はない。
恵美さん:給与収入420万円。給与収入以外の収入はない。
[自宅]
賃貸マンションに居住しており、家賃は月額10万円(管理費込み)である。
マイホームとして販売価格4,800万円(うち消費税160万円)のマンションを購入する予定である。
[金融資産(時価)]
幸一郎さん名義
銀行預金(普通預金):350万円
銀行預金(定期預金):100万円
恵美さん名義
銀行預金(普通預金):150万円
銀行預金(定期預金):100万円
[負債]
幸一郎さんと恵美さんに負債はない。
[保険]
収入保障保険A:年金月額15万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は幸一郎さん、年金受取人は恵美さんである。
医療保険B:入院給付金日額5,000円。契約者(保険料負担者)および被保険者は幸一郎さんである。


問29

恵美さんは外貨定期預金に関心をもっている。下記<資料>の外貨定期預金について、満期時の外貨ベースの元利合計額を円転した金額として、正しいものはどれか。

  1. 1,144,000円
  2. 1,131,200円
  3. 1,113,750円
  4. 1,111,000円

[正解]  (適切)

[解説]

外貨建ての元利合計額を円転した合計額を求める頻出度の高い問題である。計算手順はあるが、慣れるまで何度も解けば手順を暗記しなくてもできるようになる。
(1) 外貨建ての税引後利息額
 10,000米ドル × 0.05 × 3/12 × 0.8 = 100(米ドル)
(2) 外貨建ての元利合計額
 10,000米ドル + 100米ドル = 10,100(米ドル)
(3) 円建ての元利合計額
 「外貨⇒円」は、金融機関が外貨を「買って」、円を売るため、TTBを使う。
 10,100米ドル × 110円 = 1,111,000(円)



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...