2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問32】

【第9問】下記の(問29)~(問34)について解答しなさい。


<設例>
佐野幸一郎さんは、民間企業に勤務する会社員である。幸一郎さんと妻の恵美さんは、今後の資産
形成などについて、FPで税理士でもある阿久津さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれ
も2019年9月1日現在のものである。

[収入金額(2018年)]
幸一郎さん:給与収入480万円。給与収入以外の収入はない。
恵美さん:給与収入420万円。給与収入以外の収入はない。
[自宅]
賃貸マンションに居住しており、家賃は月額10万円(管理費込み)である。
マイホームとして販売価格4,800万円(うち消費税160万円)のマンションを購入する予定である。
[金融資産(時価)]
幸一郎さん名義
銀行預金(普通預金):350万円
銀行預金(定期預金):100万円
恵美さん名義
銀行預金(普通預金):150万円
銀行預金(定期預金):100万円
[負債]
幸一郎さんと恵美さんに負債はない。
[保険]
収入保障保険A:年金月額15万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は幸一郎さん、年金受取人は恵美さんである。
医療保険B:入院給付金日額5,000円。契約者(保険料負担者)および被保険者は幸一郎さんである。


問32

幸一郎さんは、契約中の収入保障保険Aの保障額について、FPの阿久津さんに質問をした。阿久津さんが説明の際に使用した下記<イメージ図>を基に、2019年10月1日に幸一郎さんが死亡した場合に支払われる年金総額として、正しいものはどれか。なお、年金は毎月受け取るものとする。

  1. 900万円
  2. 3,420万円
  3. 4,500万円
  4. 5,400万円

[正解]  (適切)

[解説]

定期保険の一種である収入保険の保障額を計算する問題である。
収入保障保険は、経過年ごとに年金受取総額が減少する。本問であれば、1年以内に亡くなった場合は「180万円 × 25年 = 4,500万円」受け取れるが、2年目の場合は、「180万円 × 24年 = 4,320万円」と、180万円ずつ減少する。そのため、契約満了直前では180万円しか受け取れないため、保証期間を付けることで、保証期間中に亡くなった場合は、本問であれば、180万円が5年間受け取れる。
本問は、保証期間中に亡くなったわけではないため、保証期間は考えなくてよい。34歳のときに亡くなれば、年金を受け取れる期間は19年である。
よって、180万円 × 19年 = 3,420万円 となる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...