2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問36】

【第10問】下記の(問35)~(問40)について解答しなさい。




問36

紀行さんの父の太一さんは、借地権を設定した土地の上に家屋を建築して居住している(下記<路線価図>参照)。仮に2019年9月1日に太一さんが死亡した場合のこの借地権の路線価方式による相続税の課税価格に算入すべき価額として、正しいものはどれか。なお、この借地権および自宅の家屋は太一さんの妻である久子さんが相続するものとし、「小規模宅地等に係る相続税の課税価格の計算の特例」の適用を受けるものとして、同特例適用後の金額を解答すること。

  1. 3,840,000円
  2. 5,760,000円
  3. 7,872,000円
  4. 28,800,000円

[正解]  (適切)

[解説]

借地権の評価額は、「自用地評価額 × 借地権割合」で求める。
200千円 × 240㎡ × 60%
= 28,800千円
次に、小規模宅地等の特例を考える。
小規模宅地等の特例は、居住用の場合、330㎡まで80%減額される。
 28,800千円 × 0.2 = 5,760千円
よって、5,760,000円となる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...