2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問38】

【第10問】下記の(問35)~(問40)について解答しなさい。




問38

下記<資料>は、紀行さんの父である太一さんの財産等の明細である。仮に2019年9月1日に太一さんが死亡した場合の相続税の課税遺産総額(課税価格の合計額から基礎控除額を差し引いた金額)として、正しいものはどれか。なお、太一さんの相続に際しては、法定相続人が法定相続分どおりに財産を取得し、相続の放棄はないものとする。

  1. 16,700万円
  2. 17,000万円
  3. 17,400万円
  4. 18,100万円

[正解]  (適切)

[解説]

相続税の課税遺産総額を求める問題だが、覚えておかなければならない内容が数多く盛り込まれており、正答率は低いと思われる。
(1) 法定相続人と法定相続分を決定する。
 ① 法定相続人 久子さん、紀行さん、祐介さん、桃子さん
 ② 法定相続分 久子さん(1/2)、紀行さん(1/4)、祐介さん(1/8)、桃子さん(1/8)
(2) 法定相続人の数より基礎控除額と生命保険料の非課税枠を求める。
 ① 基礎控除額 3,000万円 + 600万円 × 4 = 5,400万円
 ② 生命保険の非課税枠:500万円 × 4 = 2,000万円
(3)  課税遺産総額に算入する生命保険料の額を求める。
 課税遺産総額に算入する生命保険料の額は、非課税枠を超えた分と非課税枠を適用できない分の合計額である。久子さんは法定相続人で相続放棄もしていないため、非課税枠を適用できるが、由里さんは法定相続人ではないので、非課税枠を適用できない。
 ① 生命保険X
  2,500万円 – 2,000万円 = 500万円
  500万円は相続税の課税対象なので、課税遺産総額に算入する。
 ② 生命保険Y
  300万円全額を課税遺産総額に算入する。
 ③ 課税遺産総額に算入する生命保険料の額
  500万円 + 300万円 = 800万円
(4) 生前贈与
 死亡前3年以内の贈与は、相続・遺贈により財産を取得した場合に、相続税の課税対象となる。健史さんは法定相続人ではなく、相続・遺贈により財産を取得していないため、400万円の贈与は加算されない。
(5) 葬式費用等
 400万円全額を控除する。
(6) 相続税の課税遺産総額
 (2)~(5)を合計する。
 22,000万円 + 800万円 – 400万円 – 5,400万円 = 17,000万円



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...