2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問39】

【第10問】下記の(問35)~(問40)について解答しなさい。




問39

素子さんの母の美由紀さんは、2019年10月に70歳になる。美由紀さんは65歳から老齢基礎年金を受給することができたが、繰下げ受給することを考えまだ請求をしていない。美由紀さんが70歳到達月に老齢基礎年金の支給繰下げの申出をした場合、70歳時に受け取る繰下げ支給の老齢基礎年金(付加年金を含む)の額として、正しいものはどれか。なお、計算に当たっては、下記<資料>に基づくこととする。

<資料>

[美由紀さんの国民年金保険料納付済期間]
1973年10月~2009年9月(432月)
※これ以外に保険料納付済期間はなく、保険料免除期間もないものとする。
[美由紀さんが付加保険料を納めた期間]
1973年10月~1986年3月(150月)
[その他]
・老齢基礎年金の額(満額) 780,100円
・美由紀さんの加入可能年数 40年
・繰下げ支給の増額率
65歳到達月から繰下げの申出を行った月の前月までの月数×0.7%
・振替加算は考慮しないものとする。
・年金額の端数処理
年金額の計算過程および繰下げ支給の老齢基礎年金の年金額については、円未満を四捨五入するものとする。

  1. 1,026,968円
  2. 1,039,568円
  3. 1,137,742円
  4. 1,150,342円

[正解]  (適切)

[解説]

老齢基礎年金の繰下げ支給をすると、「65歳到達月から繰下げの申出を行った月の前月までの月数× 0.7%」増額される。最長70歳まで繰下げ支給できるため、「60月 × 0.7% = 42%」の増額が一生続く。また付加年金も同時に繰り下げられ、増額される。
(1) 繰下げ支給後の老齢基礎年金
  780,100円 × 432/480 × 1.42 = 996,968円
(2) 繰下げ支給後の付加年金
  200円 × 150月 × 1.42 = 42,600円
(3) 付加年金を含む老齢基礎年金の額
  996,968円 + 42,600円 = 1,039,568円



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...