2級FP過去問解説(資産設計)2019年9月【問40】

【第10問】下記の(問35)~(問40)について解答しなさい。




問40

紀行さんは、今後自分に介護が必要になった場合を考え、公的介護保険制度の介護サービスについて、FPの山田さんに質問をした。介護保険の給付に関する山田さんの次の説明の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。

「介護保険の給付を受けるためには、( ア )から要介護・要支援認定を受ける必要があります。
本人や家族などが( ア )の窓口で認定申請すると、後日認定調査が実施され、主治医の意見書等も踏まえ、( ア )に設置されている介護認定審査会により、自立(非該当)、要支援、要介護のいずれかに認定されます。自立以外に認定された場合は、要支援、要介護を合わせ全( イ )のランク付けがなされ、このランクが高いほど介護給付の支給限度額は高くなります。
なお、在宅サービスなど実際に介護保険の給付を受ける際の利用者負担の割合は、一定以上の所得がある者を除き、原則として( ウ )となっており、認定された要介護度のランクに応じた支給限度額を上回るサービス費用については、全額自己負担となります。」

<語群>

1.地域包括支援センター  2.都道府県  3.市町村(特別区を含む)
4. 7段階  5. 9段階  6. 12段階
7. 1割  8. 2割  9. 3割



[正解]
(ア)  (イ)  (ウ) 

[解説]

介護保険の保険者は市区町村(特別区を含む)で、被保険者は40歳以上65歳未満の第2号被保険者、65歳以上の第1号被保険者に区分されている。第1号被保険者は原因を問わず、認定された要支援・要介護の範囲に沿って、原則1割負担で介護サービスを受けられる。第2号被保険者は特定疾病を原因とする場合のみ対象となる。
要支援・要介護は、要支援が2段階(1・2)、要介護が5段階(1~5)の7段階となっている。


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...