2級FP過去問解説(資産設計)2020年1月【問5】

問5

平尾さんはKA投資信託を新規募集時に100万口購入し、特定口座(源泉徴収口座)で保有して収益分配金を受け取っている。下記<資料>に基づき、平尾さんが保有するKA投資信託に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

<資料>

[KA投資信託の商品概要(新規募集時)]
投資信託の分類:追加型国内公募株式投資信託
決算および収益分配:年1回
申込価格:1口当たり1円
申込単位:1万口以上1口単位
購入時手数料(税込み):購入金額1,000万円未満 3.30%
購入金額1,000万円以上 2.20%
運用管理費用(信託報酬)(税込み):純資産総額に対し年1.760%
[平尾さんが保有するKA投資信託の収益分配金受取時の運用状況(1万口当たり)]
収益分配前の個別元本:10,000円
収益分配前の基準価額:12,000円
収益分配金:2,500円
収益分配後の基準価額:9,500円

・ 平尾さんが、KA投資信託を新規募集時に100万口購入した際に、支払った購入時手数料(税込み)は、( ア )である。
・ <資料>の収益分配時に、平尾さんに支払われた収益分配金のうち、普通分配金(1万口当たり)は( イ )である。

  1. (ア)33,000円 (イ)  500円
  2. (ア)33,000円 (イ)2,000円
  3. (ア)22,000円 (イ)  500円
  4. (ア)22,000円 (イ)2,000円

[正解]  (適切)

[解説]

(ア)
平尾さんが新規募集時に支払う購入時手数料は、購入金額によって異なる。個別元本10,000円(1万口)を100万口購入するので、購入金額は100万円となり、購入時手数料(税込み)は、3.30%となる。
 1,000,000円×3.30%=33,000円
(イ)
投資信託の個別元本は、投資家が投資信託を購入したときの基準価額を指し、基準価額は現在の投資信託の値段である。基本的に値動きするのは基準価額だが、個別元本も複数回に分けて購入したとき、特別分配金を受け取ったときに変更される。

この設問では、収益分配金2,500円のうち、500円は特別分配金として元本を払い戻されている金額であるため、残りの2,000円が普通分配金となる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...